マッチングアプリのプロフィールには何を書く?男女別のテンプレ例文も紹介!

更新

マッチングアプリや出会い系アプリのプロフィールには何を書くべき?プロフィールに書いたほうがいいことと書いてはいけないこと、書き方のポイントを詳しく解説。コピペで使える男女別のプロフィールの自己紹介例文も、恋活向け、婚活向けそれぞれ紹介。

プロフィールの自己紹介文はちゃんと書くべき?

マッチングアプリで恋活や婚活に成功するためには、プロフィールが重要になってきます。

たとえば、いくらおすすめ人気マッチングアプリを使ったとしても、そして、そのようなアプリであなたのプロフィール写真を見て、「この人、好みのタイプかも」と思ってくれた異性がいたとしても、写真の次に目にするプロフィールの内容で失敗すると「いいね」をもらうことは到底できません。

多くのマッチングアプリ内には、プロフィールで大損をしている男性・女性がとてもたくさんいます。プロフィールに、何を書いたらいいのか分からないという人も多いでしょう。

マッチングアプリのプロフィールは、いわばあなたを売り込むために書く、異性へのプレゼン文章です。プロフィールの自己紹介文での自己アピールが上手ければ、いわゆるスペック(ルックスや条件など)がイマイチだったとしても、「いいね」をもらえる可能性が高まります。そしてそれは、のちに運命の出会いとなるかもしれません。

この記事では、プロフィールの自己紹介文で自分をアピールすることに成功して「いいね」を集め、実に数百人もの相手と実際にデートをし最終的にアプリ結婚をした筆者が、マッチングアプリのプロフィールの自己紹介文にはどんなことを書けば異性に好印象を与えられるのかを、詳しく解説していきます。

あわせて読みたい

マッチングアプリのプロフィールの自己紹介文に何を書くべきか悩む女性の写真

マッチングアプリのプロフィールには何を書けばいい?

マッチングアプリのプロフィールに、どういうことを書いたらいいのか分からないという人も、たくさんいることでしょう。

だからといって一行や二行だけ、または短文のみでプロフィールを終わらせてしまうと、それを読む異性はあなたのことが何も分からないため、「いいね」をもらうことは非常に難しくなります。

とはいえ、あまりにもダラダラとした、とりとめのない長文を書くのも、読みづらくなってしまって逆に印象が良くありません。そのことを踏まえると、プロフィールの文字量の目安としては、300~400文字程度が理想的な長さと考えることができます。

マッチングアプリで第一印象を決めるのは、当然のことながらプロフィールに載せる顔写真ですが、プロフィールはあなたの性格や内面の魅力についてアピール、伝えるする部分です。

マッチングアプリのプロフィールに書く内容は、ちょっと考えてみればいろいろとあります。たとえば、仕事のことや趣味のこと、休日の過ごし方やよく遊びに行く街について、理想のパートナー像など……。

それらをプロフィールに何ひとつ書いていないと、あなたの内面や人間性は、読んでくれる人にまったく伝わりません。

もしもマッチングできたとしても、プロフィールに何も記載していなければ、ファーストメッセージの段階から会話に行き詰まってしまうでしょう。マッチング相手がメッセージを書く内容に困って、結局送るのをやめてしまうということもありえます。

プロフィールの自己紹介文をきちんと仕上げるのがなぜ重要なのか?

たとえあなたがイケメンもしくは美人だとしても、マッチングアプリでは顔写真だけで異性にアピールするよりも、プロフィールの自己紹介文をきちんと書いていたほうが、ずっと好感度は高まります。

そしてイケメンや美人ではないことを自覚している人ならば、なおさら自己紹介で内面の魅力をアピールする必要があるため、自己紹介文は絶対に疎かにしてはいけません。

あいさつの一言だけや、短文すぎる自己紹介文では、それを見る相手に、

この人、やる気がないのかな?

冷やかしか、暇つぶしなのかな?


女性

もしかしたら遊び目的?

などと不信感を抱かせてしまい、せっかくマッチングアプリを使っているのにもかかわらず、無駄になってしまいます。

異性にアピールできるような“売りどころ”があるのなら、恥ずかしがらず積極的にどんどん書いていってください。あなたという人となりをイメージさせられるような、具体的な内容の自己紹介文を作ることがポイントです。

私自身、フリーランスで仕事をしているので社会的な信頼性が薄いと思われるかもしれないと考え、仕事の内容や今後の目標を特に重点的に書きました。

結果的に、真摯に仕事と向き合っている人・向上心があって頑張っている人だと感じさせることができたようで、その自己紹介文に好印象を持ったという異性から、たくさんのメッセージが舞い込んできたのです。

プロフィールの自己紹介文に書くべき内容

恋活や婚活系のマッチングアプリのプロフィールの自己紹介文に書くべきことは、以下の通りです。

このような内容を書いていけば、ある程度の文字ボリュームになりますし、読んでくれた相手があなたの人柄をイメージしやすくなるでしょう。

  • 冒頭のあいさつ
  • どうしてマッチングアプリを使っているのか
  • 現在している仕事について
  • 趣味について
  • 休日の過ごし方
  • 今後チャレンジしてみたいこと
  • 理想の恋人像・結婚相手に求めること
  • 締めのあいさつ

ポイント① 明るい内容で礼儀正しい文章
気をつけるべき点としては、明るくて楽しそうな人だなという、好印象を与えられる文章にすることです。重すぎる話や、暗い内容ではいけません。

まずは礼儀正しく、あいさつやプロフィールを見てくれたお礼から入ると、読んでくれる人に良い印象を与えます。

ポイント② アプリを使っている理由
そして、マッチングアプリを使っている理由も必要です。たまに、マッチングアプリを使っているのが恥ずかしいのか「友達に無理やり登録させられました」などと他人のせいにして書いている人がいますが、そんなわけがないと思われるだけなのでやめておきましょう。

ポイント③ 仕事や職業はサラッと
仕事については、あまりに詳しく書いて勤め先がバレても困るので、さらっと触れるだけでも大丈夫です。あなたがちゃんと仕事をしている、きちんとした社会人なのだということが分かる文章であれば、それで十分です。

ポイント④ 趣味や休日は万人に向けたことを書く
趣味や休日の過ごし方には、異性ウケをしないようなものはいくら好きでも書かずに、万人ウケしそうなものを書いてください。

ポイント⑤ 恋人の理想は高過ぎない程度に
恋活や婚活のマッチングアプリに載せる自己紹介文なので、理想の恋人像や、結婚相手に求めることなども記載したほうがベターです。かといって、あまりに高い理想像を掲げたり、求めることが外見だけだったりというのはいただけません。

たとえ本音だとしても「年収800万円以上で、身長は175cm以上ある男性が理想です(女性の場合)」とか、「28歳以下でキレイ系の、スタイルが良い女性と出会いたい(男性の場合)」ということを書くぐらいであれば、もはや何も書かないほうがよっほどマシですよね。

ポイント⑥ 性格や価値観が伝わることも書く
理想のタイプには、「趣味が似ていて話が合う、一緒にいて楽しい人を希望します」「いつも笑顔で穏やかな性格の人が理想です」などと、内面について書くようにしましょう。

プロフィールの自己紹介文に書いてはいけないこと

異性ウケをしないような趣味は書くべきではないと前述しましたが、一般的に女性ウケをしなくて避けられる男性の趣味とは、競馬や競艇、パチンコなどのギャンブル性のあるもの。それから、アニメや漫画、ゲームなどオタクっぽいと感じさせる趣味も同じくです。

男性ウケをしない女性の趣味も挙げると、男性と同じくギャンブル系、ジャニーズや韓流アイドルの追っかけや推し活をしていること、高級ブランド物を買うのが好きなことなど。ミーハー過ぎる趣味を持っていたり、浪費癖がひどいと思われたりするような女性は、マッチングアプリで好感を持たれることはないです。

そして、自己紹介文には絶対に、ネガティブなことや自分を卑下するようなことは、一言たりとも書いてはいけません。そのネガティブな内容というのは、以下のようなものです。

女性が気をつけたいネガティブコメントの例

太ってます。こんなデブでもいいという人がいらっしゃれば……

今までずっと実家に住んでいるので、家事はできません。

仕事を辞めて専業主婦になりたいので、高収入の男性が希望です。

男性が気をつけたいネガティブコメントの例

口下手で人見知りなので、お会いしてもうまく話せるかどうか分かりませんが……

見た目は良くありませんので、中身を見てほしいです。

収入が少ないので、共働きで稼いでくれる女性を探しています。

男女共に気をつけたいネガティブコメントの例

特に取り柄も何もない私(僕)ですが、もしそれでもいいと思ってくれる人がいたら……

彼氏(彼女)いない歴=年齢です。

このようなネガティブな自己紹介文を読んで、「いいね」をくれる人が少ないことは想像に難くないと思います。

ネガティブなコメントや言動は、マッチングアプリでは悪いほうにしか作用しませんので絶対避けるようにしましょう。

もし、そういった部分について触れるのであれば、次のように言い換えることで、ネガティブ→ポジティブな要素としてアピールしましょう。

ポイント①
「口下手で人見知り」などという暗そうでマイナスなことは書かずに、「最初はちょっと緊張しちゃうかもしれませんが、慣れればすぐに仲良くなれると思います!」などと、なるべく明るそうに言い換えましょう。

ポイント②
また、「太っている・デブ」などといった自分を卑下するような言葉はやめて、男性ならば「体型は、学生時代アメフトをしていたのでガッチリ系です」とか、女性の場合は「ぽっちゃりしているので、いま頑張ってダイエットしています(笑)」など、ポジティブな表現に変更をしてください。

最初のネガティブな自己紹介文よりも、言い換え後のほうがずっと感じがいいですし、読む相手に与える印象にも雲泥の差がありますよね。

おとなしめな性格の人や、ふくよかな体型の人を好ましいと思ってくれる異性も、マッチングアプリ内にはたくさんいるので安心してください。しかし、自分で最初から「口下手で人見知りだから…」「デブだから…」と卑屈なことを書いているような人に惹かれる異性は、まずいません。

ポイント③
それから、一方的に男性だけに金銭面で寄りかかりたいがために婚活をしている女性や、低収入なことを恥じもせず、収入を増やす努力もしていないことを自己紹介文に堂々と書いている男性に惹かれるという人も、マッチングアプリ内に存在しないでしょう。

たとえ本当のことだとしても、自分自身のイメージを落とすようなネガティブな内容は、絶対にプロフィールの自己紹介文に書いてはいけません。

マッチングアプリに載せるプロフィールの自己紹介文は、300~400文字くらいを目安として書きましょう。あまりに短文では自己紹介になりませんし、長文すぎても必死感が出てしまいます。

下記の女性用例文の書き出しは恋活・婚活ともに似ていますが、それぞれの目的に合わせた内容やトーンとなっています。

いずれの例文もテンプレとしてそのまま、あるいは自身に合わせてアレンジして転用できるような内容となっています。

恋活目的用の女性のプロフィール例文

プロフィールを見てくださってありがとうございます。

私は都内の保育園で、保育士の仕事をしています。

仕事は楽しくやっているのですが、女性ばかりの職場なのでまったく出会いがなく、思い切ってマッチングアプリに登録してみました。

好きなことは、仕事がお休みの日に食べ歩きをすることです!

雰囲気のいいカフェでご飯を食べるのが好きなので、よく友達と恵比寿や代官山にお出かけしています。

アウトドア関係にも興味があって、今後はキャンプやみんなでワイワイできるバーベキューなどにもチャレンジしてみたいです。

もしもキャンプやアウトドアに詳しい方がいたら、ぜひ仲良くしてください♪

ここでは、仲良くお付き合いができる誠実な人が見つかればいいなと思ってます。

一緒にいるときに、お互いずっと笑っていられるような楽しい関係になれたら理想的ですね(*^-^*)

興味を持ってくださった方がいたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

女性の恋活用プロフィール文の例(395文字)

ポイント

恋活のほうはちょっと気さくな雰囲気を出しています。食べ歩きが趣味なことや、バーベキューにチャレンジしてみたいことなどを具体的に書いているので、マッチングした男性もそういった話題を振りやすくなったり、気軽なデートに誘いやすくなったりするはずです。

婚活目的用の女性のプロフィール例文

はじめまして。
プロフィールをお読みくださって、ありがとうございます!

私は品川区の認定保育園で、保育士の仕事をしています。

かわいい子どもたちと遊べるので仕事は楽しんではいますが、女性ばかりの職場でまったく出会いがなく、思い切ってマッチングアプリに登録してみました。

趣味は映画鑑賞と、自宅で料理を作ることです。

得意料理は煮込みハンバーグ…って、そんなに難しい料理じゃないですけど(笑)

将来的には、調理師か栄養士の免許を取得できたらなと考えています。

男性の理想は高いほうではないですが、ふたりで支えあって笑顔が絶えない明るい家庭を築けるような人がいいかな~と思います(*´ω`*)

そんな私ですが、少しでも興味を持ってくださった人がいましたら、お気軽にいいねしてください!

お話してみないと分からないことも多いと思うので、まずはメッセージのやりとりをしたいです。

どうぞよろしくお願いします。

女性婚活用プロフィール文の例(390文字)

ポイント

婚活目的の場合には、自己紹介をより詳しく書いていて、料理好きで家庭的な一面があることもアピールできているのにお気づきでしょうか?先々は資格を取って、将来的にずっと仕事を続ける意思があることも、ちゃんと入れ込んであります。

現代では、共働きで支えあえる女性を生涯のパートナーとして選びたいと考える男性のほうが、圧倒的に多くなってきました。

そのため、「結婚したら専業主婦になりたいです」とか「今の仕事を早く辞めたいので、婚活しています」などの自己紹介文は、どれだけ美人だとしても、かなりのマイナスポイントになってしまいます。

AndAppOnline.com 編集部アイコン
編集部注

絵文字や顔文字、「!」や「(笑)」をちょっとだけ入れ込むのも、かわいらしく明るそうなイメージになるのでOKです。しかし、あまりにも多用しすぎるとゴチャゴチャうるさい感じの文書に見えてしまうので、限度を考えて控えめに使うようにしましょう。

男性がマッチングアプリでプロフィールの自己紹介文を書く際には、女性と同じく300~400文字くらいのボリュームを目安としてください。

特に男性の場合は、きちんとした仕事をしている真っ当な社会人であるということを、しっかりと自己紹介文でアピールしましょう。趣味は独りよがりではない、女性ウケもしそうなアウトドアやスポーツなど、さわやかなことを書きましょう。

下記の例文では、恋活・婚活ともにプロフィールの自己紹介文に必要な事項がちゃんと盛り込まれているのがポイントです。

男性の例文もテンプレとして転用できるような内容としています。

恋活目的の男性のプロフィール例文(恋活目的の場合 372文字)

こんにちは。プロフィールを見てくださって、ありがとうございます!

僕は都内のIT企業勤めで、SE(システムエンジニア)の仕事をしている〇歳です。

職業柄女性との出会いがほとんどないので、このマッチングアプリに登録しました。

好きなことは音楽、フェス、アウトドア、海外旅行に行くことなどです。

とはいってもここ数年はコロナ禍で、残念ながら海外旅行には行けていませんが…。

でも、仲間うちで集まってキャンプに出かけたりはしています。

キャンプするときには、川釣りなんかも楽しんでいます。自分で魚をさばけるのが自慢です!

周りの友達からは、明るくて面白いやつだと言われることが多いかもしれません。

笑顔の素敵な女性が好みなので、よく笑う人と出会えたら面白いこと言っちゃうと思います(笑)

まずは気軽に、メッセージのやりとりから始めましょう。

どうぞよろしくお願いします。

男性恋活用プロフィール文の例(372文字)

ポイント

恋活目的の場合のプロフィールの例文読んだ女性から「お友達も多くて、一緒にいると楽しめそうな人」というイメージを抱かせられるように作られています。「魚をさばける」という一文も、料理ができる男性は女性からの好感度が高いので、とても良い感じですね。

婚活目的用の男性のプロフィール例文

プロフィールを読んでくださって、ありがとうございます!

僕は都内にある外資系の企業勤務で、営業の仕事をしている〇歳です。

職業柄女性との出会いがほとんどないので、このマッチングアプリに登録しました。

真剣に将来を考えられるような、素敵なお相手を探しています。

趣味ですが、大学までサッカーをしていたので、今でも休みの日には時々フットサルをやっています。

あとは、愛車で遠くまでドライブをするのも好きです。

最近、趣味と仕事を兼ねて英会話を学びなおしたいと思い、上級者向けのスクールを探しています。

いい英会話スクールを知っているという方は、ぜひ教えてくださいね。

理想の女性はいつもニコニコしているような、笑顔がかわいらしい人です。

一緒に食事をしていて、美味しそうに食べてくれる女性も好きです。

気軽にいいねしてください。

まずはメッセージのやりとりから、仲良くしてくれたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

男性の婚活用プロフィール文の例(397文字)

ポイント

婚活のほうのプロフィール例文ですが、外資系企業に勤務していることや自分の車を所有していること(=経済的にゆとりがある)を、文章の中でさり気なくアピールできています。

「外資系企業勤務なので英語はもちろんできるけれど、上級者向けの英会話スクールでもっと学びたい」という今後チャレンジしたいことが書いてあるのも、向上心があって出世も期待できる、やり手のビジネスマンなんだなというイメージです。

AndAppOnline.com 編集部アイコン
編集部注

両方とも、マッチングしたらすぐに会いたいなどとガツガツしておらず、まずはメッセージのやりとりから仲良くなりたいと誠実で紳士的な内容になっているので、女性に安心感も与えられることでしょう。

プロフィールの選択項目も重要?

プロフィールの自己紹介文が大切なのは言うまでもありませんが、プロフィールの選択項目も、もちろん重要です。プロフィールにある選択項目は、すべて埋めるくらいの気持ちで選んでいってください。

マッチングアプリを使うにおいて、あまり異性ウケが良くなさそうな項目は、ついつい空欄にしたくなる気持ちもあるでしょうが(例:大学に行っていなくて高卒である・喫煙者である・いまだに実家住まいであるなど)、空欄がたくさん目立つプロフィールの人は、異性から信頼されません。

それに、もしもうまくいってお付き合いを進めていく中で、それらをずっと隠し通すことも不可能です。

都合が良くないことは、いっそのこと正直にありのままを書くか、一段階だけマシなものを選ぶようにしましょう。例えば喫煙する人の場合ならば、「毎日タバコを吸う」から「時々タバコを吸う」くらいにしておけば、まだ許される範囲内です。

「まったく吸わない」にしておいて、実際にはヘビースモーカーだったとしたら、嫌煙家の相手からはバレたとたんに嫌われてしまいます。

また、多くのマッチングアプリでは、デート費用はどちらが負担するのか?という選択項目もありますが、こちらは男性ならば「男性がすべて払う」を選び、女性の場合はいくら奢ってもらいたいとしても、「割り勘にする」または「相手と相談して決める」を選ぶのが良いでしょう。

それ以外だと、ケチな男性やお金目当ての女性などと思われかねません。

結婚への意思は?という項目もありますが、「今すぐにでもしたい」を選ぶのが本音だとしても、異性からするとちょっと怖いです。誰でもいいから結婚ができたらいいのかな?と思われる恐れさえあり、得策ではありません。ここはとりあえず「数年以内には結婚したい」くらいを選択しておくと、間違いないでしょう。

まだ結婚はしたくなくて、単に恋活で彼氏・彼女探しだという人もいるでしょうが、マッチングアプリであまりにきっぱりと「結婚はしたくない」を選択しているのも、印象が良くないです。

下手をすると、遊び目的や冷やかしでマッチングアプリをやっているのだと悪いように受け取られ、異性から避けられる原因となってしまいます。

そういう場合には、無難に「いい人がいれば結婚したい」を選んでおくと、印象が悪くなることはありません。

選択するプロフィールはちょっと盛っても大丈夫?

男性の場合は、プロフィールをちょっとだけでも盛りたいという心理も働くことでしょう。

例を挙げると、マッチングアプリでは多くの女性が「身長165cm以上」または「身長170cm以上」で絞って、男性のプロフィールを検索します。たとえば、身長163cmの男性がいたとして、2cmほどサバを読んで165cmと記載するのは、許容範囲内です。

マッチングして実際に会ったとしても、1~3cm程度の身長のサバに気づかれるようなことは、まずありません。お付き合いが始まってから本当のことを告白しても、笑い話にできるくらいの可愛げのある盛り方だといえます。

また、年収380万円の男性だとしたら、「年収400万円~」を選択しても大丈夫です。女性のほとんどは、マッチングアプリでは年収400万円以上の男性から検索をするため、たった20万円の差で運命の相手と出会うことさえできなければ、そちらのほうが大損だと考えられます。

もちろん年収を盛ったからには、今までよりもさらに仕事を一生懸命頑張って、読んだサバを本当のことに変える努力は忘れないでください。

ただし、離婚歴があって子どももいるのにもかかわらず未婚だとプロフィールに記載したり、高卒だと避けられそうだからと大卒であると書いたりするのは、もはやサバではなく経歴詐称に近いです。

かわいいと思われる程度の、ちょっとした盛り方ならば、仲良くなれれば笑って許されることのほうが多いでしょう。しかし経歴詐称レベルの大噓をつくのは、いずれバレたときに信頼を大きくそこなってしまって関係がうまくいかなくなるため、やめておきましょう。

こんな男性・女性には要注意!危険人物の可能性もあり!?

有名で大手のマッチングアプリ内には、悪徳業者などの危険人物もひそんでいることがあります。

また、怪しい投資話やマルチ商法などの儲け話を持ちかけてくる、勧誘も少なくありません。最近では年齢によっては、パパ活やママ活希望者に出くわしてしまうことも、ありえなくはありません。

明らかに自分よりも年齢が若すぎる異性から「いいね」が送られてきたり、マッチング相手のプロフィール写真がイケメンや美人すぎたりしたら、浮かれてしまいそうになるのも分かります。しかしちょっと冷静になって、相手のプロフィールの自己紹介文や写真をよく見てみてください。

詐欺業者が、ネット上から拾ってきたアジア系イケメン俳優や美人モデルの写真を使って、偽アカウントを作成している可能性もあります。

プロフィールの自己紹介文を書いていない、少ない男性・女性

業者や怪しい勧誘をしてくる人物は、詐欺グループでやっていることがほとんどなので、複数のアカウントを持っています。それでプロフィールを作成する時間を短縮するために、プロフィールの自己紹介文がいい加減な短文だったり、書かれていなかったりすることが多いのです。

複数アカウントのプロフィールの選択項目をすべて埋めるのも、かなりの手間を要するので、空欄のままの項目が目立つことでしょう。

また、プロフィールの自己紹介文文を書いていないのが男性の場合、遊び目的や不倫相手探しの既婚者という可能性も出てきます。真剣に恋活や婚活をしているわけではないので、わざわざプロフィールの自己紹介文を考えるのが面倒くさいからです。

プロフィールの自己紹介文を書いていない女性も、怪しんでください。特に女性は無料で使えるマッチングアプリでは、真剣な出会い目的ではなく、冷やかしや暇つぶしで登録しているという可能性は捨てきれません。

プロフィールを読んでいない男性・女性

マッチングをして、ファーストメッセージが届いたのはいいものの、どう読んでも誰に対しても当てはまるような、コピペ丸出しのメッセージを送ってくる人物にも、警戒が必要です。

あなたのプロフィールや、趣味のことなどに一切触れてくれてもいないメッセージを受け取ったなら、スルーをするのが正解となります。業者は、プロフィールの自己紹介文などにはいちいち目を通さずに、マッチングした複数の異性へ一斉にコピペしたメッセージを送りつけるからです。

万が一業者ではなかったとしても、プロフィールを読んでもくれていないような異性とは、どちらにせよ会話は成り立ちません。きっとあなたも、誰に対しても同じコピペメッセージを送ってくるような相手と、仲良くなりたいとは思わないでしょう。

遊び目的の男性も、女性のプロフィール写真だけはしっかり見るけれど、プロフィールの自己紹介文はほとんど読んでいません。コピペが疑われるメッセージはスルーをしたほうが、危ない目に遭わずに済みます。

業者に騙されたり、遊ばれて捨てられたりしてから泣きを見ても遅いので、ちゃんとプロフィールを読んでくれていない異性には、十分に気をつけましょう。

マッチングアプリのプロフィールの書き方まとめ

マッチングアプリを使うときは、プロフィールに何を書いたらいいのか、多くの人が悩むものです。特に、初めてマッチングアプリを使う人にとっては、面倒かつ難易度の高い関門という人も少なくないでしょう。

そういう場合は、この記事で紹介した例文をテンプレとして活用するのも全然ありです。そのままコピペして使ってもいいですし、ひな形としてアレンジして使うのもいいでしょう。

そして、マッチングアプリでの出会い探しに慣れてきたら、徐々にご自身の感覚でオリジナリティのある内容に変えていく、というのもおすすめの活用法です。

アプリを使っていると、

  • どういうことを聞かれることが多いか
  • 異性に共感してもらえるのはどんなことか

こういったことが体験的に自然と分かってくるので、それに合わせて、よりマッチングしやすい独自のプロフィールへと進化させていきましょう。

現在主流の人気あるマッチングアプリの中から、 AndAppOnline.com 編集部おすすめの会えるアプリ&サイトのみを厳選紹介。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

特徴・メリット
登録会員数が2,000万人以上と日本で一番人気があるマッチングアプリ。利用者が多いので地方での恋活や婚活にもおすすめ。地域や年代を問わず出会いやすく、20代30代が中心の必ず登録しておきたいアプリ。

試してみる

Dine(ダイン)

Dine(ダイン)

特徴・メリット
面倒なメッセージ交換不要でいきなり食事デートから始められる人気のマッチングアプリ。男性女性ともにスペックの高い人と出会えることで大人気。食事デートの相手や飲み友達探しにも使えることでも好評。

試してみる